書籍詳細 一覧に戻る

壁に耳ありトイレに目あり NO.2 私をコミケに連れてって 分冊版2 / 5

原のり子 / 秋水社ORIGINAL

「うわ! 寝過ごした」素っ裸で跳ね起きるアズこと亜純。「龍之介、私のパンティ知らない?」「さあ…昨日は乱れまくっちゃったからなあ」亜純のお尻に欲情して「朝の1ラウンドしていかない?」と抱きつくと「そんな時間ある訳なかろう! 今日から新しい会社なの。もういい、パンティは諦める」とミニスカノーパンで出社するなんとも男前(!?)な亜純。電車の中で痴漢を捕まえたらイメクラの痴漢プレイだったり、会社に着いたら痴漢プレイの女性が同じ会社だったり、男が上司だったり、大学時代の元彼が同僚だったり、なんだか世間ってほんとに狭い。ノーパンを元彼に見られて大騒ぎの所に龍之介がパンティを!?「兄弟かあ。何人目のにーちゃん?」「12人めかな」

タイトル 壁に耳ありトイレに目あり NO.2 私をコミケに連れてって 分冊版2 / 5
著者 原のり子
出版社 秋水社ORIGINAL
発売日 2021/09/09
ジャンル ヤングレディース 恋愛・ロマンス
立ち読み

この本に興味がある人は、こんな本にも興味をもっています。


このページのTOPへ

SHUSUISHA 秋水社
(c)Shusuisha inc. All rights reserved.